アドレス

ショットする際の構え。ボールを打つ意志でスタンスを決め、クラブをソールする(クラブの底面を地面につける)ことだが、ハザード内ではスタンスを決めた段階で、アドレスしたものとみなされる。




      ゴルフダイジェスト・オンライン